コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥御賀丸 おく おんがまる

2件 の用語解説(奥御賀丸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥御賀丸 おく-おんがまる

?-? 室町時代の僧。
出家した足利義満の寵童のひとり。大和(奈良県)の東寺領平野殿荘(ひらのどののしょう)などの代官をつとめ,応永14年(1407)和泉(いずみ)(大阪府)守護となった。大和出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥御賀丸

生年:生没年不詳
室町時代の僧侶。足利義満の寵童。義満は応永2(1395)年出家してから側近として寵童を侍らしたが,御賀丸もそのひとり。大和の国人奥氏の出身。東寺領大和平野殿荘,河原城荘などの代官となり,東寺と紛議を起こした。同14年末には仁木義員に代わって和泉守護職に補任されたが,これは義満の近習優遇策を示すものである。しかし翌年5月義満が死ぬと立場は悪化し,守護代牧浄観は同7月に和泉を没落,翌月御賀丸は守護を罷免された。その後の動静は明らかでない。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥御賀丸の関連キーワード北山殿室町幕府足利尊満足利満詮伊勢貞行義承紀良子周高定忠法尊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone