女優劇(読み)ジョユウゲキ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょゆう‐げき ヂョイウ‥【女優劇】

〘名〙 女優だけで演ずる劇。特に、明治末から大正末にかけて帝国劇場専属の女優(帝劇付属技芸学校の卒業生)による演劇をさす。
腕くらべ(1916‐17)〈永井荷風〉二「帝国座へさそはれた。藤田さんの義理で女優劇の見物だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女優劇の関連情報