コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好き好きし スキズキシ

デジタル大辞泉の解説

すきずき・し【好き好きし】

[形シク]
いかにも風流である。また、物好きである。
「―・しく、あはれなる事どもなり」〈宇治拾遺・三〉
色好みめいて見える。好色らしい。
「昔より―・しき御心にて、なほざりに通ひ給ひける所々」〈蓬生

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すきずきし【好き好きし】

( 形シク )
風流だ。物好きだ。 「念じ暮し給ひける。-・しう、あはれなることなり/枕草子 23
好色である。色好みだ。 「 - ・しくて、ひとり住みする人の、夜はいづくにかありつらむ/枕草子 191

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

好き好きしの関連キーワード枕草子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android