蓬生(読み)よもぎう

精選版 日本国語大辞典「蓬生」の解説

よもぎ‐う ‥ふ【蓬生】

[1] 〘名〙
① よもぎなどの生い茂っている所。草深い荒れ果てた土地。自分の家をへりくだってもいう。
拾遺(1005‐07頃か)雑賀・一二〇三「いかでかは尋ね来つらん蓬ふの人も通はぬわが宿の道〈よみ人しらず〉」
② 江戸吉原の遊女屋、松葉屋で、タバコ、また、(ぜに)をいう。〔随筆・当世武野俗談(1757)〕
[2] 「源氏物語」第一五帖の名。光源氏二八歳の秋から二九歳の四月まで。末摘花(すえつむはな)の後日談。源氏須磨下りののち、荒れたにあって、叔母甘言嘲笑にもめげず、源氏を待ち続ける末摘花のところへ、源氏が訪れてその苦労が報われるさまを描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android