コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色好み イロゴノミ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐ごのみ【色好み】

情事を好むこと。また、その人。好色漢。
恋愛の情趣をよく解すること。また、その人。
「―といはるるかぎり、五人」〈竹取
風流・風雅な方面に関心や理解があること。また、その人。
「かの賢き―に仰せ合はせ給ひて、筑波集とていみじき様々の姿を尽くして集め置き給へる」〈ささめごと
遊女などを買うこと。また、その遊女。
「主なき女をよびて、料足を取らせて逢ふ事を―といふなり」〈伽・物くさ太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろごのみ【色好み】

情事を好むこと。また、そうした人。好色。 「 -の男」
恋愛の情趣をよくわきまえ、洗練された恋愛ができる人。 「なまめかしう恥づかしげにて、いみじう気色だつ-どもになずらふべくもあらず/源氏 宿木
風流の道に熱心な人。 「世に二人三人の賢き-出でて、盛りにもてはやし侍るより、道広き事になれるとなん/ささめごと」
遊女。また、遊女を買うこと。 「若きものにて候へば、遊びの女-にもとらせけるかと思ひしに/幸若・小袖曽我」 〔この語はのように、平安貴族の世界では、現代における「好色」とは異なった概念を表し、一種の美的価値をもったものとしてとらえられていた。は中世以降、は室町頃の用法〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色好みの関連キーワード風流(ふうりゅう)平貞文・平定文好き人・数寄人少将滋幹の母好き好きし好きがまし藤原綏子カレワラあから目交野少将平中説話手池の魚平中物語知る知る在原業平好ましい元良親王老い頽る色めかし檜垣嫗

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android