コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色好み イロゴノミ

2件 の用語解説(色好みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろ‐ごのみ【色好み】

情事を好むこと。また、その人。好色漢。
恋愛の情趣をよく解すること。また、その人。
「―といはるるかぎり、五人」〈竹取
風流・風雅な方面に関心や理解があること。また、その人。
「かの賢き―に仰せ合はせ給ひて、筑波集とていみじき様々の姿を尽くして集め置き給へる」〈ささめごと
遊女などを買うこと。また、その遊女。
「主なき女をよびて、料足を取らせて逢ふ事を―といふなり」〈伽・物くさ太郎

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いろごのみ【色好み】

情事を好むこと。また、そうした人。好色。 「 -の男」
恋愛の情趣をよくわきまえ、洗練された恋愛ができる人。 「なまめかしう恥づかしげにて、いみじう気色だつ-どもになずらふべくもあらず/源氏 宿木
風流の道に熱心な人。 「世に二人三人の賢き-出でて、盛りにもてはやし侍るより、道広き事になれるとなん/ささめごと」
遊女。また、遊女を買うこと。 「若きものにて候へば、遊びの女-にもとらせけるかと思ひしに/幸若・小袖曽我」 〔この語はのように、平安貴族の世界では、現代における「好色」とは異なった概念を表し、一種の美的価値をもったものとしてとらえられていた。は中世以降、は室町頃の用法〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

色好みの関連情報