コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妨害予防請求権 ぼうがいよぼうせいきゅうけん

大辞林 第三版の解説

ぼうがいよぼうせいきゅうけん【妨害予防請求権】

〘法〙 物権を有する者が、物の支配に対して将来妨害されるおそれがある場合に、そのおそれを除去するよう請求する権利。物権的請求権の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の妨害予防請求権の言及

【物権】より

… 物権が排他性を有することから,物権には特有の効力として物権的請求権(物上請求権ともいう)が認められる。物権的請求権は,物権が侵奪された場合の返還請求権,物権の使用・収益が妨害されている場合の妨害排除請求権および物権の使用・収益が妨害されるおそれがある場合の妨害予防請求権に分かれる。例えば,宝石が盗まれた場合や土地が不法占有されている場合の取戻しや明渡しの請求権は返還請求権,庭に隣家の松の木が倒れてきた場合の除去の請求権は妨害排除請求権,隣家の石垣が庭にくずれかかってくるおそれがある場合のしかるべき予防措置を求める請求権は妨害予防請求権である。…

※「妨害予防請求権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

妨害予防請求権の関連キーワード物権的請求権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android