姉者人(読み)あねじゃひと

精選版 日本国語大辞典「姉者人」の解説

あねじゃ‐ひと あねぢゃ‥【姉者ジャ人】

〘名〙 (「あねじゃびと」とも。である人の。「」はあて字) 姉を敬っていう。姉様。姉者もの。姉者。
※かた言(1650)三「姉(アネ)じゃ人、叔父じゃ人、伯母じゃ人などとは云ふべき歟」
歌舞伎彩入御伽草(1808)小平次内の場「わが姉者人(アネジャビト)の雌龍(めりう)の印(いん)を奪ひしは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「姉者人」の解説

あねじゃ‐ひと〔あねぢや‐〕【姉者人】

《姉である人の意》姉を敬っていう語。姉上
「それ―に汁代へてぜ」〈・新色五巻書・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android