コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人労働 ふじんろうどう

大辞林 第三版の解説

ふじんろうどう【婦人労働】

女性労働のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婦人労働
ふじんろうどう

女子労働」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人労働
ふじんろうどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の婦人労働の言及

【職人】より

…いうまでもなく親方である夫が死去した場合,多くのツンフトにおいて未亡人が職人を使って親方の職にとどまることが認められていた。 しかしながら他方において婦人労働を明らかに禁止しているツンフトもあった。たとえば1378年のケルンのフェルト帽製造業においては〈親方の妻も娘も本来男性のものであるこの手工業に従事してはならない〉と定めている。…

【女性労働】より

…しかし同一価値労働についての男女労働者に対する同一報酬条約(100号),90号勧告として採択されたのは51年である。56年に国際婦人労働者会議が組織され,70年を前後してアメリカ(1963),イギリス(1970),フランス(1972)などで男女同等賃金法が相次いで成立した。1960年代以降,世界各国で男女平等要求が高まり,75年国際婦人年には,ILO第60回総会で女性労働者の機会および均等待遇のための〈宣言,行動計画〉が採択された。…

※「婦人労働」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

婦人労働の関連キーワードキュックリヒ ゲルトルーデフランス民主労働組合連盟アレッサンドリ・パルマ二月革命(ロシア)パリ・コミューン原生的労働関係労働科学研究所嶋津 千利世労働省女性局キュックリヒフィリップス梅津 はぎ子加藤 タカ窮乏化法則田島 ひで嶋津千利世市川房枝苦汗制度桜井絹江女人芸術