コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女子労働 じょしろうどう

3件 の用語解説(女子労働の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女子労働
じょしろうどう

婦人労働ともいう。女性の雇用・賃労働をいう。産業革命以後の機械制生産による技術体系のなかで女性の労働市場が成立,日本では主として繊維工業で 1890年頃出現した。女子労働は低賃金・長時間労働として導入され社会問題化したため,1833年にイギリスで工場法が実施されたのをはじめ国家による労働保護立法が試みられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

女子労働【じょしろうどう】

社会的産業への女子の大量進出は各国とも産業革命期に始まり,日本では19世紀末から紡績・製糸業への進出が始まった。当初女子労働は児童労働とともに激しい搾取の対象とされたが,その後工場法の制定など法的保護が加えられ,絶対数の増大,職業分野の拡大,労働運動フェミニズム運動の発展などにより女性の社会的地位も向上した。
→関連項目フェミニズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女子労働
じょしろうどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の女子労働の言及

【女性労働】より


[特質と男女差別]
 産業革命による機械制大工業の成立は,一方で機械が熟練や体力を不要にし,他方で家計補助の必要から,労働者家族の労働力の窮迫販売を余儀なくさせたことにより,女性の賃労働化に決定的意義をもった。一般に女性の労働が家計補助的労働であり,また男子労働者に比べて自己の要求を主張し実現する力が弱いことから,資本は低賃金や過度労働を強いることが可能となり,賃金をはじめ一般的な労働条件を引き下げる効果をもった。…

※「女子労働」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女子労働の関連キーワード社会的絆社会的リスク資本集約的産業社会的労働集約的産業アフガンの女子教育基礎的産業積極的産業調整非基礎的産業防御的産業調整

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女子労働の関連情報