子宮内膜(読み)シキュウナイマク

世界大百科事典内の子宮内膜の言及

【子宮】より

…筋層と内膜を構成する細胞は,卵巣ホルモンおよび一部の下垂体ホルモンの支配下にあり,性周期や生殖活動に伴い,著しい形態学的・生理学的変化を遂げる。霊長目では月経現象があり,子宮内膜が定期的に脱落し排除される。霊長目以外に,真の月経周期をもつ動物はない。…

【性器】より

… 排卵によって腹腔にとび出した卵子は,卵管の腹腔口から吸いこまれて卵管内を子宮のほうへ移動し,膨大部で精子と出会い受精するといわれる。受精卵は細胞分裂をくりかえしつつ,さらに移動して子宮に入り,子宮内膜に着床する。卵子が卵管に取りこまれる機転は,まだ十分に解明されていない。…

※「子宮内膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android