コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮腟部糜爛 しきゅうちつぶびらんerosio portionis

世界大百科事典 第2版の解説

しきゅうちつぶびらん【子宮腟部糜爛 erosio portionis】

子宮頸管の外翻により頸管粘膜の一部が腔に露出した状態をいう。腟部が外子宮口を中心にして肉眼的に発赤して見えるので,この名がある。女性ホルモンの作用によって生じる生理的な変化であり,成熟期女性の大多数にみられる。しかし,この部位に子宮頸癌が好発し,性交時性器出血など症状も子宮頸癌と類似しているので,とくに初期悪性病変が共存していないことを確認することが重要で,そのうえで必要があれば本症の治療が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の子宮腟部糜爛の言及

【子宮】より

…原因菌は淋菌,ブドウ球菌,大腸菌などで,人工および自然流産,分娩時の頸管損傷などが誘因となる。子宮頸部に起こりがちな良性疾患として,子宮腟部糜爛(びらん)と子宮頸管粘膜ポリープがある。前者は重層扁平上皮で覆われるべきところが円柱上皮で覆われ,粘膜下の血管網が透見されて鮮紅色にみえるために糜爛と呼ばれているが,実際は偽糜爛である。…

※「子宮腟部糜爛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮腟部糜爛の関連キーワード性器不整出血子宮頸管

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android