コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸癌 シキュウケイガン

デジタル大辞泉の解説

しきゅうけい‐がん【子宮××癌】

子宮癌のうち子宮頸部に発生する。外子宮口にできることが多い。罹患(りかん)率は20歳代後半から40歳前後まで増加し、70歳代後半から再び増加する。性交により感染するヒトパピローマウイルスHPV)や喫煙などがリスク要因とされる。初期の段階では症状が全くないため、定期的に検診を受けることが早期発見につながる。→子宮体癌
[補説]HPV感染の一部はワクチンによる予防が可能で、日本では平成21年(2009)10月にワクチン接種が認可された。10代前半の接種で子宮頸癌の発生を7割減らす効果があるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

子宮頸癌【しきゅうけいがん】

子宮癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の子宮頸癌の言及

【子宮癌】より

…しかし,子宮癌は他の癌より治る率がかなり高いことを考えると,実際に子宮癌にかかる人は,女子では胃癌とあまり違わないほど多く,1年に1万数千人発生していると推定される。癌というと,非常に治りにくい,恐ろしい病気と考えられているが,子宮頸癌の場合は,全体の平均として2/3以上の人が治る。しかも,比較的容易に早期発見できる方法がすでに確立している。…

【生検】より

…なお擦過生検の一つの変法になるが,ある種の液体で臓器の表面を数回にわたり洗浄して細胞を採取する洗浄細胞診がある。子宮頸癌の早期発見に用いられ,一般の人がセットを腟へ挿入して洗浄し,細胞を採取するもので,自己採取法と呼ばれる。郵送すれば結果が送られてくる簡便なもので,推奨される方法である。…

【帯下】より

白帯下は無色透明ないし白色,淡黄白色のものであり,黄帯下は膿性のために黄色が強くなったもので,細菌と白血球が多く,炎症性の場合に多い。血性帯下は血膿の少量混入したものであり,子宮頸癌では肉汁様の帯下で,強い腐敗臭を発することがある。 帯下は,部位によって,外陰,腟,子宮帯下に分けられる。…

※「子宮頸癌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮頸癌の関連キーワード子宮頸癌予防ワクチンパピローマウイルス広汎子宮全摘出手術ワクチンギャップコルポスコープ機能性子宮出血ヒト癌ウイルス10年生存率光線力学療法ラジウム療法子宮腟部糜爛ツアハウゼン性器不整出血手足症候群坂井 泉水ヒーラ細胞小線源治療ハーシュコ洞口依子後装填法

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子宮頸癌の関連情報