コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔雀経音義 クジャクキョウオンギ

デジタル大辞泉の解説

くじゃくきょうおんぎ〔クジヤクキヤウオンギ〕【孔雀経音義】

平安時代の仏教書。3巻。観静著。「孔雀経」の語句の発音と意味を解説したもの。醍醐寺蔵の写本には、現存最古の片仮名五十音図を記載。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゃくきょうおんぎ【孔雀経音義】

孔雀経の語句の発音・意味などを説明した書。日本人の撰になるものもいくつかある。醍醐寺蔵本は平安中期の書写で、巻末に現存最古の五十音図を記載。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

孔雀経音義の関連キーワード金光明最勝王経音義平安時代書写

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android