コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐寺 だいごじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

醍醐寺
だいごじ

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の総本山貞観 16 (874) 年空海の法孫聖宝 (しょうぼう) が山上の上醍醐の地に堂舎創建したのが始りで,延喜7 (907) 年勅願寺,同 13年に定額寺となった。山下の下醍醐は延喜末年から伽藍の造営が始り,承平1 (931) 年金堂,天暦6 (952) 年五重塔 (国宝) が完成。永仁,文明期に五重塔を除く下醍醐の諸伽藍が灰燼に帰したが,のち豊臣秀吉の援助で再興。また修験道当山派の本山となり,本山派の聖護院とともに大峰山伏の本拠として勢力を誇った。文化財としては五重塔およびその内部の壁画『両界曼荼羅』,『真言八祖像 (→真言七祖像 ) 』をはじめ,薬師堂,金堂,清滝宮拝殿などの国宝建造物があり,仏像では『薬師如来及両脇侍像』,絵画では奈良時代の『絵因果経』,平安時代後期の『閻魔天像』『五大尊像』,鎌倉時代の『文殊渡海図』 (以上国宝) ,桃山時代の狩野山楽筆『花鳥図』襖絵,俵屋宗達筆『舞楽図』などがある。また下醍醐の三宝院は桃山時代建造の表書院の南に庭を配して著名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

醍醐寺

平安時代の874(貞観16)年に建立された。醍醐天皇冥福を祈るために五重塔(国宝)が建てられるなど、歴史とともに整備が進んだ。豊臣秀吉が1598(慶長3)年に催した「醍醐の花見」でも知られる。古都・京都の文化財として、1994年に醍醐寺を含む計17カ所が世界遺産に登録された。

(2013-05-08 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいご‐じ【醍醐寺】

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の総本山。山号は深雪山・笠取山。開創は貞観16年(874)、開山聖宝。笠取山全山が寺域で、准胝(じゅんでい)堂や如意輪堂などのある山上を上(かみ)醍醐、三宝院・金堂・五重塔のある山麓を下(しも)醍醐という。江戸時代、三宝院は修験道当山派の拠点だった。国宝の五重塔は創建当初のもので、京都における最古の塔。ほかに多数の国宝・重要文化財・古文書を所蔵。平成6年(1994)「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

醍醐寺【だいごじ】

京都市伏見区醍醐伽藍(がらん)町にある真言宗醍醐派の総本山。本尊薬師如来。874年聖宝(しょうぼう)が上醍醐に開創,907年醍醐天皇のとき勅願寺として伽藍を整備,その後山下に釈迦堂をはじめとして下醍醐の堂塔が造立され真言宗小野流の中心として栄えた。
→関連項目安食荘石黒荘牛原荘大野荘(石川)柏原宿金丸荘義演准后日記京都[市]久多荘古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市)金堂西国三十三所聖護院吹田走湯山曾禰荘醍醐醍醐寺文書得蔵保鳥養牧長尾荘畠山満家伏見[区]船木荘満済准后日記文観山伏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

醍醐寺

京都府京都市伏見区にある寺院。創建は874年。真言宗醍醐派総本山、本尊は薬師如来。豊臣秀吉が1598年に醍醐の花見を催した地。「古都京都の文化財」の一部としてユネスコ世界文化遺産に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいごじ【醍醐寺】

京都市伏見区にある真言宗醍醐派の総本山。深雪山と号する。874年(貞観16)に聖宝(しようぼう)が創建。のちに上醍醐と呼ばれるようになった笠取山の山頂に,如意輪・准胝両観音を安置する堂宇を建てたことに始まるとされる。当時笠取山の西麓一帯に住みついていた宮道氏は,その娘が藤原高藤の妻となり,その間に生まれた胤子が醍醐天皇の母となったために,勢力を増した。醍醐寺の創建と発展は,宮道氏と関係があるものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいごじ【醍醐寺】

京都市伏見区醍醐伽藍町にある真言宗醍醐派の総本山。山号、深雪山。874年勅願により聖宝しようぼうが開山。907年醍醐天皇の勅願寺となり、次々に堂舎が建てられた。1470年応仁の乱で大部分の堂宇を焼失。慶長年間(1596~1615)豊臣秀吉の帰依をうけ、義演が再興。創建当時の遺構である五重塔をはじめ国宝多数。山上の醍醐の准胝じゆんてい堂は西国第一一番札所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

醍醐寺
だいごじ

京都市伏見(ふしみ)区醍醐伽藍(がらん)町にある真言(しんごん)宗醍醐派の総本山。深雪(しんせつ)山または笠取山と号する。本尊は薬師如来(にょらい)。笠取山全山が寺域で、山上を上(かみ)醍醐、麓(ふもと)を下(しも)醍醐といい、上下醍醐に八十余棟の堂塔が配置されている。貞観(じょうがん)年間(859~877)理源(りげん)大師聖宝(しょうぼう)が山上に草庵(そうあん)を建てたのが始まりで、続いて准胝(じゅんてい)堂、如意輪(にょいりん)堂が建立された。さらに904年(延喜4)山下に釈迦(しゃか)堂、907年(延喜7)山上に薬師堂と五大堂が聖宝に帰依(きえ)した醍醐天皇によって建立され、定額寺(じょうがくじ)となった。919年、座主三綱(ざすさんごう)が置かれ、観賢(かんけん)が第1世座主に補任(ぶにん)された。続いて朱雀(すざく)天皇は949年(天暦3)法華三昧(ほっけざんまい)堂を建立し、村上(むらかみ)天皇は醍醐天皇追福のため952年(天暦6)五重塔を建立するなど寺運隆盛に向かい、その後の諸天皇も当寺に帰依し、大伽藍の完成をみるに至った。永久(えいきゅう)年間(1113~18)第14世勝覚のとき三宝院(さんぼういん)が建立され、ついで理性(りしょう)・金剛王(こんごうおう)・無量寿(むりょうじゅ)・報恩(ほうおん)の四院も建ち、醍醐五門跡と称された。以来多くの学僧が入山し、盛時には醍醐全山の伽藍坊舎甍(いらか)を並べた壮大さであった。初めは五門跡の高僧が交替で当寺の座主を務めたが、黒衣の宰相(さいそう)とよばれた満済(まんさい)が、応永(おうえい)年間(1394~1428)三宝院門跡となり、足利(あしかが)氏の信任を得て寺門の興隆に尽くして以来、三宝院門跡が醍醐寺座主を兼ねるのが通例となった。1470年(文明2)、兵火によって五重塔を残しことごとく焼失したが、時の座主義演(ぎえん)が豊臣(とよとみ)秀吉の帰依を受けて再興し、1598年(慶長3)に秀吉は醍醐の花見を催すなどして旧観を取り戻した。江戸時代には徳川氏も当寺を保護し、寺領を寄進した。また当寺は三宝院を中心として修験道(しゅげんどう)当山派の本拠地とされてきたが、明治維新後、修験道が廃止され、醍醐寺は真言宗に帰入された。[眞柴弘宗]

諸堂・塔頭

上醍醐には、当寺最初の堂である准胝観音(かんのん)堂(現堂は1968年の再建)があり、本尊准胝観音が安置され、西国三十三所第11番札所として著名である。薬師堂(国宝)は1121年(保安2)再建のものであるが、平安時代の気風を伝え、会理僧都(えりそうず)作と伝える本尊薬師如来および両脇侍(きょうじ)像(ともに国宝)が安置されている。また1434年(永享6)に再建の一山の鎮守清滝宮(せいろうぐう)拝殿(国宝)と本殿(国重要文化財)があり、ほかに五大明王を祀(まつ)る五大堂、如意輪堂、開山堂などがある。仏に供える水をくむ醍醐水閼伽井(あかい)があり、醍醐寺の名のおこりともいう。
 下醍醐は、総門を入ると桜並木があり、仁王門に至る。この道の左右に三宝院、宝聚(ほうじゅ)院(霊宝館)がある。仁王門の奥が下醍醐の伽藍で、五重塔、金堂(いずれも国宝)などがある。五重塔は京都における現存最古の建築。初層塔内には壁画17面(国宝)があり、両界曼荼羅(まんだら)図、真言八祖像、唐草文(からくさもん)などが、心柱囲板(かこいいた)、連子窓(れんじまど)裏板、腰羽目板、天井や梁(はり)に描かれており、近年の解体修理で四天柱と扉にも絵があることが確認された。金堂は創建の位置に1600年(慶長5)豊臣氏が和歌山県満願寺の堂を移したもので、本尊薬師三尊像は国重要文化財。ほかに御影(みえい)堂、清滝権現(ごんげん)堂、女人堂などがある。
 現存する塔頭(たっちゅう)寺院には三宝院、報恩院、理性(りしょう)院、光台(こうだい)院、無量寿院、金剛王院、岳西(がくさい)院、成身(じょうしん)院などがある。三宝院の現在の殿舎は1598年に起工され、表書院(国宝)、玄関、勅使の間、秋草の間、葵(あおい)の間、宸殿(しんでん)、庫裡(くり)、純浄観、護摩堂(以上、国重要文化財)よりなる。表書院を中心に各渡廊でつながれ、各室の壁、ふすまなどは彩色画が描かれ、奥書院(寝殿)上段の間の違い棚は醍醐棚とよばれる桃山時代の遺構。庭園は特別名勝・史跡指定の名園。1994年(平成6)、醍醐寺は世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。[眞柴弘宗]

寺宝・行事

紙本着色絵因果経、絹本着色五大尊像、同閻魔(えんま)天像、同文殊渡海(もんじゅとかい)図などの国宝のほか、紙本墨画密教図像39点、大日金輪(こんりん)像、仁王経(にんのうきょう)曼荼羅図などの絵画、金銅仏具などの工芸品、彫刻など国重要文化財は非常に多い。また三宝院には絹本着色訶梨帝母(かりていも)像(国宝)がある。宝物の多くは現在宝聚院に収蔵されている。おもな年中行事に五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)(2月23日)、太閤(たいこう)花見(4月第2日曜)がある。[眞柴弘宗]
『『古寺巡礼 京都3 醍醐寺』(1976・淡交社) ▽浜田隆編『醍醐寺と仁和寺・大覚寺』(『日本古寺美術全集14』1982・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の醍醐寺の言及

【義演】より

…安土桃山時代の僧。醍醐寺座主,三宝院門跡。東寺長者を兼ねる。…

【賢俊】より

…鎌倉末~南北朝初期の僧侶。第65代醍醐寺座主,菩提寺僧正と号す。権大納言日野俊光の子で,三宝院賢助を師として出家。…

【三宝院】より

…京都市伏見区にある醍醐寺の子院。修験道当山派の本山でもあり,室町時代以降醍醐寺全山の中心として重んぜられた。…

【醍醐寺新要録】より

…醍醐寺が創建された平安初期から1608年(慶長13)ころまでの醍醐寺関係の史料を類聚編纂した書。全22巻。…

※「醍醐寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

醍醐寺の関連キーワード醍醐五大伝道法士ゴダイリキ滋賀県長浜市醍醐町醍醐寺霊宝館宝聚院京都府京都市伏見区醍醐寺新要録醍醐寺三宝院もちもちぃん孔雀経音義聖海法親王道禅(2)佐和 隆研三宝院流醍醐流醍醐山帰依親快深賢憲深定範聖忠

醍醐寺の関連情報