コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存海 ぞんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

存海 ぞんかい

?-? 室町時代の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)東谷の神蔵寺で禅観に専心し,のち西谷の行光房で阿字観(あじかん)をおさめた。著作に「観心類聚(るいじゅう)」「正因果集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

存海の関連キーワード室町時代天台宗

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android