コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅観 ぜんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅観 ぜんかん

?-? 鎌倉時代の僧。
律宗。奈良西大寺の戒如(かいにょ)の弟子。興福寺常喜院の覚心にもまなび,大和海住山(かいじゅうさん)寺にすんだ。のち如意輪寺にうつり,建長(1249-56)のころ円照にまねかれ東大寺戒壇院で「梵網経古迹(ぼんもうきょうこしゃく)記」を講じた。号は長聖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

禅観の関連キーワード摩訶止観畺良耶舎村上華岳檀林寺天台宗安世高三論宗道昭慈雲神秀律宗存海慧文慶円止観

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禅観の関連情報