コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禅観 ぜんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禅観 ぜんかん

?-? 鎌倉時代の僧。
律宗。奈良西大寺の戒如(かいにょ)の弟子。興福寺常喜院の覚心にもまなび,大和海住山(かいじゅうさん)寺にすんだ。のち如意輪寺にうつり,建長(1249-56)のころ円照にまねかれ東大寺戒壇院で「梵網経古迹(ぼんもうきょうこしゃく)記」を講じた。号は長聖。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例