コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季重なり キガサナリ

デジタル大辞泉の解説

き‐がさなり【季重なり】

連句・俳句で、1句のうちに季語が二つ以上入ること。一方が主であることが明らかなときなどを除いて、通常これを嫌う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きがさなり【季重なり】

俳句で、一句のうちに季語が二つ以上詠み込まれること。主題が分裂するので忌む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

季重なりの関連キーワード連句主題

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

季重なりの関連情報