俳句(読み)はいく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俳句
はいく

日本文学の一形態。「俳句」の語は江戸時代前期から散見するが,それは「俳諧の句」の意味で,連句のなかの一句をも,発句 (ほっく) をも意味した。もっぱら5・7・5の 17音の短詩形の文学,すなわち古く一般に発句といっていたものをさすようになったのは,明治 20年代以後のことである。したがって江戸時代の発句は明治以後の俳句にほぼ相当する。発句,俳句は,一般的には文語を用い,17音の定型を守り,切れ字および季語 (季題 ) をもつ。しかし大正初年の荻原井泉水以来,季題無用論,非定型自由律も説かれ,口語使用も,江戸時代に上島 (うえじま) 鬼貫広瀬惟然小林一茶らによってしばしば試みられ,今日もかなり行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はい‐く【俳句】

《「俳諧の句」の略》発句(ほっく)および連句の句。
五・七・五の3句17音を定型とする短詩。季語を入れることを原則とする。俳諧の連歌の発句が独立したもので、一般化したのは、明治20年代以降、正岡子規が用い始めたことによる。無季の主張や定型を破った自由律俳句もみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

俳句【はいく】

5・7・5の3句17音からなる定型詩で,季題によって自然の風物,人事をよむ。俳句の語は明治になって正岡子規の俳諧革新運動以後,俳諧の発句(ほっく)の意味で使われるようになったもので,普通江戸以前のものを俳諧,明治以後のものを俳句と呼んでいる。近代俳句は明治20年―30年代,子規の革新運動を中心に興り,写生をもって自然の美をあるがままに写そうとした。子規没後は河東碧梧桐高浜虚子らに引き継がれたが,明治末年には碧梧桐,大須賀乙字らが新傾向俳句を唱え,荻原井泉水らの自由律運動(自由律)も興った。これに対して虚子は花鳥諷詠(ふうえい)を唱え,《ホトトギス》によって活躍,その影響は現在にまで及んでいる。昭和初年ごろには新興俳句運動が興り,清新自由な句境を志し,またプロレタリア俳句運動も提唱された。
→関連項目歳時記写生文定型発句

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

俳句

俳句とは、五・七・五の三句十七音から成る、日本独自の定型詩の事を指し,「季語」と呼ばれる季節を表す言葉を含まなければならないというルールがあります。「俳諧〔はいかい〕の句」という言葉が略されて、「俳句」と呼ばれるようになりました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

俳句

株式会社角川学芸出版が発行する趣味・専門誌。俳句に関する情報を紹介。毎月25日発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいく【俳句】

〈俳諧の句〉を縮約した〈俳句〉という語は,俳諧集《尾蠅(おばえ)集》(1663),上田秋成の《胆大小心録》(1808)などに用例がある。しかし,江戸時代には一般化せず,この語が5・7・5音の組合せを基本にした定型詩を指すようになったのは,明治時代,すなわち正岡子規による俳句革新が行われた過程においてである。それまでは発句(ほつく)という言い方が普通であった。発句とはもともとは連句における最初の句だが,江戸中期以降,発句のみが単独に作られることが多くなっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいく【俳句】

五七五の三句の定型から成り、季語を含むことを約束とする日本独自の短詩型文芸。俳諧(連句)の発句ほつく(第一句目)が独立してできた。「俳諧の句」を略した語で、もとは連句の各句をもさしたが、明治中期、正岡子規が俳諧革新運動において、旧派の月並俳諧における「発句」に抗する意図でこの語を使用したことから、一般化し定着した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の俳句の言及

【季語】より

…一定の季節と結びつけられて,連歌,俳諧,俳句で用いられる語を季語(または季題)という。少数の語の季語化は,《古今和歌集》以下の勅撰和歌集でなされていたが,季語化の意識が強くなったのは,四季の句をちりばめて成立する連歌においてである。…

※「俳句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俳句の関連情報