一句(読み)イック

デジタル大辞泉の解説

いっ‐く【一句】

連歌・俳諧で、一つの発句または付句。俳句一つ。「一句ひねる」
漢詩で五言・七言のひときり。また、和歌で五文字・七文字のひときり。
話・文章などの一節。また、一言。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっく【一句】

一つの俳句。もと連歌・俳諧で、百韻・千句などに対し、発句・付句の一句だけをいった語。 「 -詠む」 「 -ものす」
和歌・漢詩などの韻文のひと区切り。
和歌・漢詩などの第一句。初句。起句。
言葉のひと区切り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐く【一句】

〘名〙
① 話、物語、文章の区切り、または、格言、成句などの一つ。一言。一文。一段。一話。ひとくさり。ひとくぎり。
※徒然草(1331頃)一五七「あからさまに聖教の一句を見れば、何となく前後の文も見ゆ」 〔杜預‐春秋左氏伝序〕
漢詩の五言または七言のひときり。または、和歌の五文字または七文字のひときり。
※八雲御抄(1242頃)一「旋頭歌 三十一字に今一句をそへたる也」 〔詩人玉屑‐詩法〕
③ 連歌や俳諧、雑俳等の一つの作品。
※ささめごと(1463‐64頃)下「一句のうへにことはりしられてうるはしきを秀逸とのみ心得」
④ (下に打消の語を伴って) 少しの言葉。一言(いちごん)。→一句に
洒落本・金錦三調伝(1783)「そう覚へられちゃアいっくもねい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一句の関連情報