コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫兵衛 まごべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孫兵衛 まごべえ

?-? 江戸時代前期の陶工。
京都の人。寛永12年(1635)伝蔵らとともに伊勢津藩主藤堂高次にまねかれ,伊賀(いが)(三重県)阿拝郡(あえぐん)丸柱で伊賀焼の茶器などをつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孫兵衛の言及

【尾形乾山】より

…近くにあった御室焼の陶工野々村仁清から本格的な陶法を学び,99年仁清の嫡男清右衛門から仁清の陶法伝書を受け,旧二条家山屋敷を拝領して鳴滝泉谷に乾山窯を興して陶工としての生活をはじめた。開窯当初より兄光琳が絵付けや意匠面で協力し,成形,施釉などは押小路(おしこうじ)焼の陶工孫兵衛が担当した。乾山は仁清窯の陶法に押小路焼の交趾(こうち)釉法などを加え〈乾山一流の法〉を案出した。…

※「孫兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孫兵衛の関連キーワード西村屋与八(2代)竹本染太夫(4代)鱗形屋孫兵衛田辺八左衛門豊竹八重太夫大倉 保五郎飛鳥井孝太郎森村市左衛門小原僖窟子大倉保五郎法月弦之丞志々目献吉伝蔵(1)小笠原貞春桃生[町]村井保固地本問屋土岐二三高野幽山栗原順平

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孫兵衛の関連情報