コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅媛 やかひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅媛 やかひめ

?-? 6世紀前半,安閑天皇の妃。
物部木蓮子(もののべの-いたび)の娘。安閑天皇元年(534)天皇の妃となる。「日本書紀」によると,安閑に子がないため,宅媛に難波屯倉(なにわのみやけ)と钁丁(くわよほろ)をあたえ,安閑の名を後世にのこそうとした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宅媛の関連キーワード物部木蓮子物部山無媛菟道稚郎子八田皇女矢田皇女雌鳥皇女物部宅媛

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android