コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅磨為行 たくま ためゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅磨為行 たくま-ためゆき

?-? 鎌倉時代の画家。
宅磨為久の子。宮廷絵所画師となって左近衛将監(さこんえのしょうげん)となる。寛喜(かんぎ)3年(1231)鎌倉幕府にまねかれ,五大堂建立の敷地周辺の絵図をえがいたとつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宅磨為行の関連キーワード鎌倉時代宅磨為久