コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅磨長賀 たくま ちょうが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅磨長賀 たくま-ちょうが

?-? 鎌倉時代の画家。
宅磨派の絵仏師。「不動明王像」(醍醐(だいご)寺蔵)や「二童子像」(ワシントン,フリア美術館蔵)などがのこっている。また来日した禅僧兀庵普寧(ごったん-ふねい)の肖像画(京都正伝寺蔵)をかいたとされる法印長嘉は同一人物とかんがえられている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宅磨長賀の関連キーワード鎌倉時代宅磨栄賀宅磨派長賀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android