宇井理生(読み)うい みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇井理生 うい-みちお

1933- 昭和後期-平成時代の薬学者。
昭和8年2月20日生まれ。北大教授をへて,昭和61年東大教授となる。のち東京都臨床医学総合研究所所長。百日咳毒素を発見,細胞情報伝達におけるGTP結合たんぱく質の役割をあきらかにした。平成3年学士院賞。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇井理生の関連情報