コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬巳喜男 なるせみきお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成瀬巳喜男
なるせみきお

[生]1905.8.20. 東京
[没]1969.7.2. 東京
映画監督。工手学校卒業後,1927年松竹蒲田の小道具係となり,池田義信の助監督を経て,ナンセンス喜劇『チャンバラ夫婦』 (1929) で監督となる。 PCL (東宝の前身) 移籍後の『妻よ薔薇のやうに』 (35) でゆるぎのない地位を確立。林芙美子原作の『めし』 (51) ,『おかあさん』 (52) ,『稲妻』 (52) ,『あにいもうと』 (53) と秀作を発表,『浮雲』 (55) で頂点に達した。ほかに『桃中軒雲右衛門』 (36) ,『流れる』 (56) ,『乱れる』 (64) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

成瀬巳喜男【なるせみきお】

映画監督。東京生れ。松竹蒲田を経て1935年PCL(東宝の前身)に移籍。夫婦などの心理を抑制の利いた感覚で描き,世界的に評価されている。代表作は《妻よ薔薇のやうに》(1935年),《鶴八鶴次郎》(1938年),《めし》(1951年),《あにいもうと》(1953年),《山の音》(1954年),《浮雲》(1955年),《乱れ雲》(1967年)など。
→関連項目岡本喜八加山雄三山田五十鈴山本薩夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬巳喜男 なるせ-みきお

1905-1969 昭和時代の映画監督。
明治38年8月20日生まれ。大正9年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいる。池田義信,五所平之助に師事。「夜ごとの夢」で注目される。昭和10年PCL(のち東宝)にうつり,「妻よ薔薇(ばら)のやうに」でみとめられる。戦後の作品に「山の音」「浮雲」など。昭和44年7月2日死去。63歳。東京出身。工手学校(現工学院大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なるせみきお【成瀬巳喜男】

1905‐69(明治38‐昭和44)
映画監督。サイレント時代の末期に松竹蒲田でナンセンス喜劇の監督としてデビューし,東宝の前身PCLに移籍(1935)後,カラー大型画面の全盛期まで一貫して女性を主題とした作品を撮り続けた。同期の小津安二郎ほどの厳密さはないが,固定画面を多用し,日本建築の廊下や縁側にたたずむ人物たちから抑制の利いた抒情性を引き出したその空間感覚によって世界的に評価されるに至る。《妻よ薔薇のやうに》(1935)での女性像(千葉早智子)の鮮やかさは,《鶴八鶴次郎》(1938)の山田五十鈴,《めし》(1951)の原節子などにうけつがれ,《稲妻》(1952)に始まる高峰秀子とのコンビを決定的なものにする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なるせみきお【成瀬巳喜男】

1905~1969) 映画監督。東京生まれ。戦前戦後を通じて活躍した女性映画の巨匠。日常生活の中の女の感情を流動的かつ緊密な画面で描き、国際的な評価も高い。「妻よ薔薇のやうに」「めし」「おかあさん」「浮雲」「流れる」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成瀬巳喜男
なるせみきお
(1905―1969)

映画監督。東京・四谷(よつや)に生まれる。工手学校卒業後、1920年(大正9)小道具係として松竹蒲田(かまた)撮影所に入社、後に助監督となる。『君と別れて』『夜ごとの夢』(1933)で監督として頭角を現したが、小津安二郎(おづやすじろう)の作風と重なることもあり、新たに映画製作に乗り出したPCL(後の東宝)に転じた。その第1作『乙女ごころ三人姉妹』(1935)を佳作に仕上げ、続く『妻よ薔薇(ばら)のやうに』(1935)では、妻と妾(めかけ)と夫のそれぞれの人生模様を繊細な描写で示して成功に導き、第一級監督の地歩を占めた。その後も芸道もの『鶴八鶴次郎』(1938)や職工の家族を描いた『はたらく一家』(1939)で存在を示すものの、第二次世界大戦を挟み長い不振が続いた。この間、1937年(昭和12)に女優、千葉早智子(ちばさちこ)(1911―1993)と結婚するが後に離婚。本格的に復帰するのは、『めし』(1951)、『おかあさん』『稲妻(いなづま)』(1952)、『あにいもうと』(1953)、『山の音』(1954)など、入念な生活描写、厳正な心理描写で知られる一連の作品からであり、その独自の透徹したリアリズムによって、1950年代の映画黄金期を担う巨匠の一人となった。なかでも、『浮雲』(1955)は戦後の荒廃した世相を背景に、断ちがたい一対の男女の関係を凝視し、その愛憎の軌跡を人間の「業(ごう)」にまで深めた傑作であり、成瀬自身の集大成といえよう。映画界を代表する女優陣を配し、零落してゆく花柳界の哀歓を描いた『流れる』(1956)も見落とせない。遺作は『乱れ雲』(1967)。今日では国際的な評価も高く、世界各地で回顧上映が行われている。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

チャンバラ夫婦(1930)
純情(1930)
押切新婚記(1930)
不景気時代(1930)
愛は力だ(1930)
ねえ興奮しちゃいやよ(1931)
二階の悲鳴(1931)
腰弁頑張れ(1931)
浮気は汽車に乗って(1931)
髭の力(1931)
隣の屋根の下(1931)
女は袂を御用心(1932)
青空に泣く(1932)
偉くなれ(1932)
蝕める春(1932)
チョコレート・ガール(1932)
(な)さぬ仲(1932)
菓子のある東京風景(1932)
君と別れて(1933)
夜ごとの夢(1933)
僕の丸髷(1933)
双眸(1933)
謹賀新年(1933)
限りなき舗道(1934)
乙女ごゝろ三人姉妹(きょうだい)(1935)
女優と詩人(1935)
妻よ薔薇のやうに(1935)
サーカス五人組(1935)
噂の娘(1935)
桃中軒雲右衛門(1936)
君と行く路(1936)
(あした)の並木路(1936)
女人哀愁(1937)
雪崩(1937)
禍福 前篇(1937)
禍福 後篇(1937)
鶴八鶴次郎(1938)
はたらく一家(1939)
まごゝろ(1939)
旅役者(1940)
なつかしの顔(1941)
上海の月(1941)
秀子の車掌さん(1941)
母は死なず(1942)
歌行燈(1943)
愉しき哉人生(1944)
芝居道(1944)
勝利の日まで(1945)
三十三間堂 通し矢物語(1945)
浦島太郎の後裔(1946)
俺もお前も(1946)
四つの恋の物語[第2話 別れも愉し](1947)
春のめざめ(1947)
不良少女(1949)
石中先生行状記(1950)
怒りの街(1950)
白い野獣(1950)
薔薇合戦(1950)
銀座化粧(1951)
舞姫(1951)
めし(1951)
お国と五平(1952)
おかあさん(1952)
稲妻(1952)
夫婦(1953)
妻(1953)
あにいもうと(1953)
山の音(1954)
晩菊(1954)
浮雲(1955)
くちづけ[第3話 女同士](1955)
驟雨(しゅうう)(1956)
妻の心(1956)
流れる(1956)
あらくれ(1957)
杏っ子(1958)
鰯雲(1958)
コタンの口笛(1959)
女が階段を上る時(1960)
娘・妻・母(1960)
夜の流れ[川島雄三との共同監督](1960)
秋立ちぬ(1960)
妻として女として(1961)
女の座(1962)
放浪記(1962)
女の歴史(1963)
乱れる(1964)
女の中にいる他人(1966)
ひき逃げ(1966)
乱れ雲(1967)
『中古智・蓮實重彦著『リュミエール叢書7 成瀬巳喜男の設計――美術監督は回想する』(1990・筑摩書房) ▽田中眞澄・阿部嘉昭・木全公彦・丹野達弥編『映畫読本 成瀬巳喜男――透きとおるメロドラマの波光よ』(1995・フィルムアート社) ▽村川英編『成瀬巳喜男演出術――役者が語る演技の現場』(1997・ワイズ出版) ▽スザンネ・シェアマン著『成瀬巳喜男――日常のきらめき』(1997・キネマ旬報社) ▽蓮實重彦・山根貞男編著『リュミエール叢書36 成瀬巳喜男の世界へ』(2005・筑摩書房) ▽阿部嘉昭著『成瀬巳喜男――映画の女性性』(2005・河出書房新社) ▽平能哲也編著『成瀬巳喜男を観る』(2005・ワイズ出版) ▽『成瀬巳喜男と映画の中の女優たち』生誕百年特別記念出版(2005・ぴあ) ▽『映画監督成瀬巳喜男レトロスペクティブ――成瀬巳喜男生誕百年記念』(2005・コミュニティシネマ支援センター)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の成瀬巳喜男の言及

【鶴八鶴次郎】より

…作者の脚色で38年1月,明治座で花柳章太郎・水谷八重子主演により初演,以後新派の当り狂言となった。同年成瀬巳喜男監督により,長谷川一夫・山田五十鈴で映画化もされ人気を博した。【藤木 宏幸】。…

※「成瀬巳喜男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成瀬巳喜男の関連キーワード三十三間堂 通し矢物語チョコレートガール浮気は汽車に乗って乙女ごころ三人姉妹妻として女として女が階段を上る時サーカス五人組秀子の車掌さんそよ風父と共に女は袂を御用心愉しき哉人生限りなき舗道なつかしの顔はたらく一家隣の屋根の下俺もお前も君と行く路女優と詩人母は死なず春の目ざめ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成瀬巳喜男の関連情報