コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇兵衛 うへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇兵衛 うへえ

?-? 江戸時代前期の大工。
和泉(いずみ)高石北村(大阪府高石市)の人。元禄年間(1688-1704)に稲・麦脱穀のための性能のよい農具を発明したという。4本の脚のついた横木におおくの鉄や竹の歯をうえ,それで穀粒をこきおとすもので,千歯扱(せんばこ)き,また後家の仕事をうばったため後家倒しとよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宇兵衛の関連キーワードベーア(Johann Beer)宇野 清左衛門民用晴雨便覧ウィクラム斎藤宇兵衛中西敬房酉井乗光塙保己一隠し念仏北野鞠塢杉木正珍萩原乙彦島屋平助狩野春湖島村晩翠楊心流五個荘林信亮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇兵衛の関連情報