コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙雑音 ウチュウザツオン

2件 の用語解説(宇宙雑音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐ざつおん〔ウチウ‐〕【宇宙雑音】

宇宙空間の天体から放射され、地球に到達する時に雑音として観測される電波

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宇宙雑音の言及

【雑音】より

…マイクロホニック雑音は,電子管内の要素の振動によって生ずる電子流のみだれを原因として発生するものである。 外部雑音は外部から混入する雑音で,雷放電に基づく空電,宇宙から生じている宇宙雑音,太陽から生じている太陽雑音,送電線のコロナから生じているコロナ雑音,自動車の点火栓雑音などが代表的なもので,これらはいずれも電波の形で主としてアンテナから受信機に入り,受信信号に妨害を与える。雑音はまたその原因が自然界に起因するか,人間の社会活動に起因するかによって自然雑音と人工雑音に区分することも行われる。…

【電波雑音】より

…発生源が自然界に存在するとき,自然雑音と呼び,人工物によるとき人工雑音という。自然雑音には空電雑音,太陽雑音,宇宙雑音などがある。空電雑音は大気中の雷放電によるもので,長波帯から短波帯の周波数領域で強く,この周波数帯の無線通信にとって大きな妨害要因となる。…

※「宇宙雑音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone