コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙雑音 ウチュウザツオン

2件 の用語解説(宇宙雑音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐ざつおん〔ウチウ‐〕【宇宙雑音】

宇宙空間の天体から放射され、地球に到達する時に雑音として観測される電波

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うちゅうざつおん【宇宙雑音】

大気の電離層、およびそれより下でおこる電波雑音に対して、大気外から到来し雑音として観測される電波のこと。天体電波。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇宙雑音の言及

【雑音】より

…マイクロホニック雑音は,電子管内の要素の振動によって生ずる電子流のみだれを原因として発生するものである。 外部雑音は外部から混入する雑音で,雷放電に基づく空電,宇宙から生じている宇宙雑音,太陽から生じている太陽雑音,送電線のコロナから生じているコロナ雑音,自動車の点火栓雑音などが代表的なもので,これらはいずれも電波の形で主としてアンテナから受信機に入り,受信信号に妨害を与える。雑音はまたその原因が自然界に起因するか,人間の社会活動に起因するかによって自然雑音と人工雑音に区分することも行われる。…

【電波雑音】より

…発生源が自然界に存在するとき,自然雑音と呼び,人工物によるとき人工雑音という。自然雑音には空電雑音,太陽雑音,宇宙雑音などがある。空電雑音は大気中の雷放電によるもので,長波帯から短波帯の周波数領域で強く,この周波数帯の無線通信にとって大きな妨害要因となる。…

※「宇宙雑音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇宙雑音の関連キーワード一次宇宙線宇宙条約宇宙法放射伝熱COSPAR宇宙空間地球外生命UNOOSAUNCOPUOS宇宙性堆積物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone