コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守光公記 もりみつこうき

1件 の用語解説(守光公記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もりみつこうき【守光公記】

室町後期の公家広橋守光の日記。1507年(永正4)から21年(大永1)に至る自筆本が,東洋文庫(8冊2軸)と宮内庁書陵部(2冊)に所蔵されている。ほかに延徳・文亀改元記や永正5年足利義尹将軍宣下記など別記類の写本がある。異称は《是称院贈内府記》。守光が1513年武家伝奏となり,幕府との折衝に当たった関係から,当記には公武の政治情勢を示す重要記事が多く含まれている。未刊。【小泉 宜右】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

守光公記の関連キーワード広橋兼秀広橋守光白川忠富正親町公兼正親町公叙小倉季種柳原量光烏丸冬光橋守竹屋兼俊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone