折衝(読み)せっしょう

精選版 日本国語大辞典「折衝」の解説

せっ‐しょう【折衝】

〘名〙
突してくるのをくじきとめること。敵の鉾(ほこ)さきをくじくこと。
※古活字本毛詩抄(17C前)一「折衝と云は敵のやりを以てつくをかいかなぐってへしをるを云」 〔晏子春秋‐雑・上〕
② 利害のくいちがう相手と談判やかけひきをすること。また、その談判。
※露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「折衝を重ねしめたるも、露国は一も交譲の精神を以て之を迎へず」
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「印刷所変更の折衝(セッショウ)に当る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「折衝」の解説

せっ‐しょう【折衝】

[名](スル)《敵の攻撃をくじき防ぐ意から》利害関係が一致しない相手と問題を解決するために、かけひきをすること。また、そのかけひき。「労使間で折衝する」「外交折衝
[類語]交渉談判渉外外交掛け合う駆け引き直談判直談膝詰め談判談じ込むねじ込む取引裏取引闇取引ネゴシエーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「折衝」の解説

【折衝】せつしよう

敵の突撃を挫く。交渉し、かけひきする。〔戦国策、斉五〕の聞くの、攻戰のは師に非ずとは、~千も之れを俎(そんそ)(宴席)のに拔き、百尺の衝も之れを衽席(じんせき)の上に折(くだ)く。

字通「折」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android