折衝(読み)せっしょう

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐しょう【折衝】

〘名〙
① 敵が衝突してくるのをくじきとめること。敵の鉾(ほこ)さきをくじくこと。
※古活字本毛詩抄(17C前)一「折衝と云は敵のやりを以てつくをかいかなぐってへしをるを云」 〔晏子春秋‐雑・上〕
② 利害のくいちがう相手と談判やかけひきをすること。また、その談判。
※露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日「折衝を重ねしめたるも、露国は一も交譲の精神を以て之を迎へず」
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「印刷所変更の折衝(セッショウ)に当る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐しょう【折衝】

[名](スル)《敵の攻撃をくじき防ぐ意から》利害関係が一致しない相手と問題を解決するために、かけひきをすること。また、そのかけひき。「労使間で折衝する」「外交折衝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android