コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋文庫 とうようぶんこ

6件 の用語解説(東洋文庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋文庫
とうようぶんこ

東京都文京区本駒込2丁目にあり,図書館と研究との2つの機能をもつ。中華民国総統府顧問 G. E.モリソンが集めた 30部門 70万冊の亜細亜文庫を岩崎久弥1917年に購入,準備した後,24年財団法人東洋文庫として開館した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうよう‐ぶんこ〔トウヤウ‐〕【東洋文庫】

東京都文京区にある東洋学関係文献を所蔵する図書館。大正6年(1917)に岩崎久弥が購入したモリソン収集の図書をもとに、既存の岩崎文庫を加えて大正13年(1924)財団法人として発足。昭和24年(1949)国会図書館の支部となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東洋文庫【とうようぶんこ】

東京都文京区にある東洋学研究専門の研究図書館。1917年岩崎弥太郎の長男久弥〔1865-1955〕がモリソンの旧蔵書約2万4000冊を購入し,モリソン文庫として発足。
→関連項目白鳥庫吉文庫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうようぶんこ【東洋文庫】

東京都文京区本駒込にある東洋学研究専門の研究所,参考図書館。1917年三菱の岩崎久弥がG.E.モリソンの収集した蔵書を購入したことに始まり,24年財団法人東洋文庫として開設され,以来,日本の東洋学研究の発展に大きな役割を果たしてきた。48年国会図書館支部東洋文庫が設置され,財団所有の蔵書の管理にあたることになったほか,61年にはユネスコアジア文化研究センターが付置された。蔵書は約70万冊で,欧文,漢文および中国語,アジア諸言語(チベット語,満州語,蒙古語,アラビア語トルコ語ペルシア語,タイ語など),日本語に大別されるほか,内外の東洋学関係の雑誌のバックナンバーを多く所蔵している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうようぶんこ【東洋文庫】

東洋学に関する図書館・研究機関。1917年(大正6)岩崎久弥が中華民国総統府顧問 G = E =モリソンから購入した蔵書に岩崎文庫を加えて設立。戦後は、国会図書館の支部が置かれる。東京都文京区にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋文庫
とうようぶんこ

アジア(日本を含む)諸地域の人文科学、人文および自然地理関係の書籍・雑誌などを蒐集(しゅうしゅう)公開し(図書部)、それらに関する研究とその成果の公刊、講演会による発表を行っている(研究部)図書館兼研究所。1917年(大正6)8月、岩崎久弥(ひさや)が当時の中華民国大総統顧問(『ロンドン・タイムズ』前北京(ペキン)特派員)モリソンGeorge Ernest Morrisonから購入した中国に関するヨーロッパ文の図書、パンフレット、地図、銅版画など2万4000点をもとに、蒐集の範囲をアジア全域に拡大し、1924年11月、財団法人組織に改め、今日に至る。図書・マイクロフィルムなどの研究資料を毎年増加、1986年(昭和61)現在の総数約70万点。なかでも日本の古刊本、江戸時代の学者・文学者などの自筆本多数を含む岩崎文庫、ロンドン・パリ・北京にある原本を複写した敦煌(とんこう)文書、リスボンのアジューダ宮殿所蔵のイエズス会士書簡集6万ページ余などは、とくに名高い。所在地は東京都文京区本駒込(ほんこまごめ)2-28-21。[榎 一雄]
『財団法人東洋文庫編・刊『東洋文庫十五年史』(1929) ▽榎一雄著『東洋文庫の六十年』(1977・財団法人東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東洋文庫の言及

【オリエント学】より

エジプト学アッシリア学,シュメール学,ヒッタイト学,ヘブライ学,セム学,アラビア学,イラン学トルコ学イスラム学などがこれに属する。日本のオリエント学研究は第2次大戦前から開始され,東京駒込の東洋文庫には広義のオリエント学文献が収集された。この地域に対する関心の高まりもあって研究者もしだいに増加し,1954年に日本オリエント学会の創立をみた。…

【国立国会図書館】より

…支部図書館は最高裁判所図書館や国土庁図書館など35館(1996年現在)ある。その他,国会分館,支部上野図書館,支部東洋文庫がおかれている。一方,国立図書館としては,(1)国内出版物の網羅的収集を行う納本図書館の機能をもつ。…

【白鳥庫吉】より

…19年帝国学士院会員に列せられた。24年東洋文庫の開設以来終生その育成に尽力した。明治以後現代にいたるまで東洋史学者の多くは彼の指導を受けた者であった。…

【文庫】より

…これらは上層階級向けの閉鎖的なものだったが,医師板坂卜斎の浅草文庫は,庶民に開放されたものとして特筆さるべきである。近代では,南葵(なんき)文庫,蓬左(ほうさ)文庫,松廼舎(まつのや)文庫,静嘉堂文庫,東洋文庫などが著名。図書館文庫本【紀田 順一郎】。…

※「東洋文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東洋文庫の関連キーワード東洋文庫ミュージアム東京都文京区大塚東京都文京区音羽東京都文京区春日東京都文京区水道東京都文京区関口東京都文京区西片東京都文京区根津東京都文京区白山東京都文京区本駒込

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東洋文庫の関連情報