守秘義務契約(読み)シュヒギムケイヤク

M&A用語集の解説

守秘義務契約

秘密保持契約(Confidentiality Agreement、CA)、英略してNDAともいう。M&Aの際に相手方の企業または仲介会社と締結する契約のひとつ。買い手企業の場合、売り手企業の経営上の重要事項を知りえる立場にあり、情報漏えいはM&Aの不成立だけでなく、売り手企業の存続に影響を与えることが多いため、M&Aを行う場合は特に徹底した秘密保持が要求される。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守秘義務契約の関連情報