存続(読み)そんぞく

精選版 日本国語大辞典「存続」の解説

そん‐ぞく【存続】

〙 ひき続いて存在すること。存在し続けること。また、ひき続き残しておくこと。
※条約改正論(1887)〈小野梓〉五「治外の法権を存続し、之を本邦に行はしめば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「存続」の解説

そん‐ぞく【存続】

[名](スル)引き続き存在すること。また、引き続き残しておくこと。「会の存続が危ぶまれる」「鉄道路線を存続させる」
[類語]持続長続き永続連続継続続く打ち続く引き続く続ける後続続行尾を引く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「存続」の解説

【存続】そんぞく

続く。

字通「存」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android