相手方(読み)あいてかた

精選版 日本国語大辞典「相手方」の解説

あいて‐かた あひて‥【相手方】

〘名〙 (「あいてがた」とも)
相手に当たる人。相手のほう。相手のがわ
② 江戸時代、訴訟の際、訴えられたほう。被告。⇔訴訟方
※禁令考‐後集・第一・巻一〇・文化八年(1811)一二月「訴訟方 儀左衛門、〈〉相手方 宥芳」
③ 法律行為、または訴訟の当事者の一方からみて、これと相対立する他の当事者。売り主と買い主、原告と被告など。
※英政如何(1868)一二「願主(〈注〉プラインチイフ)と相手方(〈注〉デフェンデント)とを呼出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android