コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍貞行 あべの さだゆき

2件 の用語解説(安倍貞行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍貞行 あべの-さだゆき

?-? 平安時代前期の官吏。
安倍安仁(やすひと)の子。検非違使(けびいし),大和守,摂津守,上野介(こうずけのすけ),陸奥守(むつのかみ)などをへて,元慶(がんぎょう)4年(880)大宰大弐(だざいのだいに)となる。上野介在任中の新田開発や大宰大弐在任中の治安維持で知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安倍貞行

生年:生没年不詳
平安前期の官人。大納言安仁の子。刑部大輔,摂津守などを経て貞観7(865)年上野介となり,在任中,百姓を動員して国内の田447町(443ha)を開墾し,功績をあげた。さらに同14年陸奥守となり,財源減少の折から蝦夷に対する叙位を年間20人以下に抑えること,官物収納に当たり欠損があれば先ず国司の俸禄を没収してこれを補填することなどを提案している。こうした政治的手腕や識見は能吏と称された父親譲りのものであった。元慶4(880)年大宰大弐として赴任,同7年,群盗100人により筑後国守が射殺された際にも中央から役人の派遣を要請し,管内の事件を迅速に処理している。その業績から清和・陽成両天皇の信任を得,御衣を賜っている。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安倍貞行の関連キーワード半井広明尹大納言安倍興行安倍弟当大江千古小野俊生惟良高尚登美藤津藤原雄敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone