コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田開発 しんでんかいはつ

6件 の用語解説(新田開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田開発
しんでんかいはつ

江戸時代,ある一定の時期に検地を受けた土地以外に新たに開発された耕地または集落を,田畑,屋敷などの区別にかかわりなく新田と総称し,この開発を新田開発と呼ぶ。新田開発は戦国時代末期から江戸時代初期にかけて盛んに実施された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんでん‐かいはつ【新田開発】

江戸時代、原野・山林などに新しく耕地を開発したこと。年貢増収策として、幕府・諸藩は積極的に奨励した。土豪開発新田・代官見立(みたて)新田村請(むらうけ)新田町人請負(うけおい)新田・寺社請(じしゃうけ)新田などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新田開発【しんでんかいはつ】

新田とは本田に対する語。新田開発とは一般的には戦国大名による大規模な水田開発のことをいい,厳密には江戸初期検地以後の耕地開発をさす。幕藩領主が自らの開発計画によって行う代官見立新田藩営新田と,民間人が領主の許可を得て開発する土豪開発新田,村請(むらうけ)新田,町人請負新田百姓寄合新田などがある。
→関連項目勘定所鍬下年季高知藩小作制度三富新田新地主諏訪藩高遠藩徳川吉宗武蔵野新田渡部斧松

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんでんかいはつ【新田開発】

一般に戦国時代~近世における未開発地の耕地化をいう。国土地理院発行の2万5000分の1,5万分の1地形図には地名や人名の下に新田をつけた名称を日本中いたるところで発見することができる。ところで,耕地開発は日本に稲作が定着した弥生時代よりいかなる時代にも奨励されてきたが,けっして直線的に増加したわけではなく,いくつかの画期をもっていた。それは条里制施行時代,戦国時代~近世初頭,明治30年代の3画期である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんでんかいはつ【新田開発】

江戸時代の耕地開発。開発主体により、代官見立新田・藩営新田、のち町人請負新田・村請新田・寺社新田などに分けられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田開発
しんでんかいはつ

江戸時代、原野や山林を開発して新たに田、畑、屋敷を造成すること。新田とは本田(ほんでん)に対する語。本田とは、江戸前期の総検地により決定された田、畑、屋敷のことであり、総検地以降開発されたものを新田と総称する。自村内の土地に接続して開発し、その高を新田高として本田高につけ加える場合を切添新田(きりぞえしんでん)といい、新たに一村をたてる開発を村立新田(むらだてしんでん)という。[木村 礎]

概観

16世紀末、太閤検地(たいこうけんち)段階の耕地は約200万町歩(約200万ヘクタール)と推定されるが、19世紀後半の明治初期には約400万町歩に増大。その間、石高(こくだか)は約1800万石より約3200万石に増加。村(江戸時代の村は現在の大字(おおあざ)程度)の数も江戸初期の五万数千(推定)から、1834年(天保5)の6万3500余に増加した。以上の数字は不安定なものではあるが、耕地、石高、村数ともに著しく増加したことは確実である。これらは主として新田開発による増加である。新田開発は、江戸前期と中・後期とではその特色に差がある。前期には大規模な水田開発が多く、中・後期には畑作新田の開発が目だつ(もちろん、前期にも畑作新田、後期にも水田開発はある)。前期における水田開発の圧倒的優越は、中世における水田限界が、戦国末の領国統一、それを受けた幕藩体制による全国統一という社会的条件によって突破されたことを主因とする。大規模な労働力の集中と戦国以来の技術の発展により、大河川の氾濫(はんらん)抑止、大規模な灌漑用水(かんがいようすい)の開通などが不十分ながらも可能になり、これによって平野部の未墾地や粗放田(そほうでん)が徐々に安定水田化した。幕政初期における伊奈忠次(いなただつぐ)以来の利根川(とねがわ)付替え工事(利根川主流を江戸川筋より銚子口(ちょうしぐち)へ変更)により、江戸東郊の地が氾濫から救われ、大規模な水田が出現したことは有名である。また、各地における大用水路の設定はきわめて多い。大規模な水田開発はしだいに限界に達し、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろには緩やかになり、かわって畑の開発が享保(きょうほう)(1716~1736)ころから目だってくる(最大の事例は武蔵野(むさしの)の全面的開発。ただし、享保以降にも下総(しもうさ)飯沼の開発のような大規模な水田開発事例もある)。これは領主の年貢増徴の意図と関係している。領主は財政難の進行に伴い、これまで水田に比して低かった畑作年貢の引上げと台地の畑作開発を奨励したのである。[木村 礎]

政策

新田が開発されれば年貢が増えるわけだから、本田の妨げにならない限り、領主はこれを奨励し保護政策をとった。そのおもなものは、新田農民に対する食料や種子の貸与、鍬下年季(くわしたねんき)つまり年貢をまったくとらない期間(3年程度)の設定、鍬下年季経過後も年貢を低くする、などである。このような政策は江戸時代の全期を通じて基本的には実施されたが、享保期に入ると厳重な管理という色彩が濃くなってきた。幕府はいわゆる享保の改革(1716~1745)の一環として新田開発を奨励したが、同時に1726年(享保11)新田検地条目32か条を発布し、荒れ地の開発、検地の厳正、年貢の確実な徴収などを規定した。その後天明(てんめい)期(1781~1789)に入ると全国的に冷害による大飢饉(だいききん)があり、餓死者も多く出て、耕地が荒廃し、新田開発どころか本田の維持も容易ではなくなり、以後はむしろ本田の維持、回復に政策上の重点が置かれた。しかし、農民の間には、年貢の高い本田を放棄し、低い新田を維持、開発したがる傾向がつねに存在した。[木村 礎]

種類

新田開発は、領主の許可を得てそれを主導する人物の社会的性格によって分類されるのが普通。それは、成立時の様相がその後の村落構造を規定することが多いからである。
(1)土豪開発新田 戦国末期には武士であったような有力農民が、農民を集め、自費をもって開発。主導者たる有力農民は広い除地(じょち)(年貢のかからない土地)や各種の特権を獲得。入村農民は本百姓となるが、主導者への隷属性は強い。
(2)町人請負新田 有力町人が領主に請負金を納め自費をもって開発。この場合、入村農民は小作人となるが、その小作権は強い。町人のほうは年貢と小作料をあわせたものを農民からとる。
(3)代官見立新田(だいかんみたてしんでん) 幕府の代官が適地を見立てて開発。これに成功すると代官は新田年貢の10分の1を取得。農民は本百姓となる。
(4)藩営新田 藩が出資して開発。その土地は直轄地。農民は本百姓。藩営新田に似たものに藩士知行新田(はんしちぎょうしんでん)がある。これは藩士が新田を開発し、それを知行地として取得する。
(5)村請新田 一つの村が村として開発を請け負う。中期以降、村請で村立新田をつくることが多くなった。この場合、新田村での農民耕地は均分化される傾向が強い。
 だいたい以上のような種類があるが、このほか寺社請新田や、主導者が寄合(よりあい)世帯(寄合新田)の場合もある。[木村 礎]

農民の性格

新田出百姓(でびゃくしょう)は、一部の主導者層を除いては、古村における貧窮農民や隷属農民であった。したがって、彼らは新田へ出ることによって一人前の百姓になる場合が多かった。また、領主にとっても新田出百姓の増加は年貢徴収対象の増加に直接つながるので、これを奨励した。このように、貧窮・隷属農民の自立の欲求と、領主の政策とが合致して、新田開発は本百姓の自立を促進する結果を生んだ。[木村 礎]
『菊地利夫著『新田開発』(1958・古今書院) ▽木村礎著『近世の新田村』(1964・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新田開発の言及

【享保改革】より

…また関東郡代伊奈氏の支配権も勘定所によって限定され,畿内の支配体制も勘定所に一元化された。
[年貢増徴と新田開発]
 幕領の年貢率は17世紀後半にしだいに低下し,1712年(正徳2)には2割8分9厘になった。そのうえ技術的限界から鉱山収益が激減,貿易収入も頭打ちとなった。…

【地主】より

…このように,近世の地主は多様な経営内容をもち,幕藩領主と一般農民層の中間に位置する存在であった。近世の地主はその発生要因から新田開発地主,土地集積地主に大別され,その身分関係からは郷士地主,普通地主,寺院地主,村地主などに分類できる。 新田開発地主は近世初頭の土豪開発新田や中期以降の村請新田,百姓寄合新田,町人請負新田などによって田畑屋敷地の所持面積を広げ,小作経営を拡大していったものである。…

【土地改良】より

…しかし,大河川流域の平野で水田の開発が本格化するのは,乱流していた川筋を一定にし,水害を防御しうる治水技術が登場してくる戦国末期から江戸時代前期にかけてである。江戸幕府成立前から開始され,幕府成立後も継承された利根川瀬替え工事は,その代表例であって,これらの新田開発により,大河川流域の平野は大水田地帯に変貌し,今日の農業水利施設体系の原型も整えられた。江戸時代前期の新田開発は幕府,藩によって行われたが,中期以降になると町人請負の新田開発が多くなった。…

※「新田開発」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新田開発の関連キーワード居合新田集落僧兵宇宙開発戦国蕃人母材未開発激・戦国無双戦国無双KATANA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新田開発の関連情報