コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定同位体比分析

1件 の用語解説(安定同位体比分析の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安定同位体比分析

水素や酸素など同じ元素の中にも質量の違う種類(同位体)がある。生命活動によって体組織に取り込む複数の同位体の比率は、地域によって微妙に違う。その違いを調べる分析法のことをいう。違いが分かれば、どこの地域の水や養分を取り込んで成長したかが分かる。調べるのは元素のうち最も一般的な酸素、炭素、水素、窒素だ。2000年代に入って雪印食品ミートホープなどの食肉偽装事件が相次いで発覚したのを受け、食品分野で検査に使われるようになった。

(2011-02-16 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安定同位体比分析の関連キーワード重水素親気元素倍数比例の法則ラジオアイソトープ軽水素元素記号生元素カルコゲン元素の質量千谷利三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone