コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安寿吉 あんじゅきつ An Su‐gil

1件 の用語解説(安寿吉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんじゅきつ【安寿吉 An Su‐gil】

1911‐77
韓国の作家。咸鏡南道咸興出身。早稲田大学高等師範部中退。1932年少年時代をすごした間島に移住し,45年帰国。その間,朴栄濬,李周福らと同人誌《北郷》を発刊,《間島日報》《満鮮日報》の記者をつとめながら,移住民の生活と農村を素材に《円覚村》《牧畜記》などを発表し,43年小説集《北原》にまとめた。48年ソウルに移り,53年朝鮮戦争下の知識人の三つのタイプを描いた《第三人間型》は注目を浴びた。代表作には59年から67年にかけて断続的に発表された《北間島》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安寿吉の関連キーワード咸鏡南道慶尚南道慈江道全羅南道楽浪郡元山咸興後藤明生許泳松井房治郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone