北郷(読み)きたごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎県南部,日南市北部の旧町域。鰐塚山地東部を占める。1959年町制。2009年日南市,南郷町と合体して日南市となった。江戸時代飫肥藩領。大部分が山林原野で飫肥杉の産地として知られる。主産業は農林業で,米作野菜の施設栽培が行なわれる。北東部の猪八重渓谷(いのはえけいこく)周辺は景勝地で,わにつか県立自然公園に属する。
宮崎県中北部,美郷町北部の旧村域。五十鈴川上流域にある。 2006年南郷村,西郷村と合体して美郷町となる。江戸時代は延岡藩領。産業は農業が中心で,野菜,シイタケの栽培が行なわれる。中心集落の宇納間 (うなま) にある全長寺の延命地蔵は火切り地蔵として広く信仰されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の北郷の言及

【小山[町]】より

…京浜地域に近く,用地,用水,交通などの立地条件に恵まれて,近年多くの工場が進出している。町の中央部を占める北郷地区は米作を主体とする農業地帯であるが,近年はゴルフ場,霊園などの開発が進み,富士スピードウェーも設置された。北西部の須走は富士山東口登山道の入口で,浅間神社がある。…

※「北郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北郷の関連情報