安田のシヌグ

デジタル大辞泉プラスの解説

安田のシヌグ

沖縄県国頭郡国頭村の安田地区に伝わる民俗行事。旧暦7月の初亥の日に行われる豊漁・豊作を願う祭祀で、大シヌグ(うふしぬぐ)とシヌグ小(しぬぐんくゎー)が一年ごとに交互に行われる。男衆が山にのぼり神となって集落に降りてきて集落の無事を祈願する「山ヌブイ」の行事、女衆による神踊「ウシンデーク」などから構成される。1978年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android