祭祀(読み)さいし

精選版 日本国語大辞典「祭祀」の解説

さい‐し【祭祀】

〘名〙 神や祖先をまつること。まつり。典。祭事
※続日本紀‐天平七年(735)八月乙未「又其長門以還諸国守若介、専斎戒道饗祭祀」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「井上廃后、早良親王の祟(たたり)を怕(おそ)れ給ひて、追号祭祀(サイシ)叮嚀(ねんごろ)なりき」 〔易経‐困卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の祭祀の言及

【宴会】より

…19世紀後半,尊攘運動の志士たちの宴会は,彼らのうちから明治政府の高官が出現したとき,近代の宴会のひとつの源流にもなったと思われる。【塚本 学】
【中国】
 古代中国においては,祭祀の中心は祭神を儀式の場に招き飲食物をささげることにあった。甲骨資料に見える多数の牛羊を犠牲にした祭礼は,おそらく食物としてそれらの動物を自然神や祖先神にささげたものであろう。…

【祭り】より

…集団による儀礼行動の一つ。本来は原始・古代宗教の集団儀礼を総称し,現代では文化的に一般化されて,祝賀的な社会行事を呼称するのによく使われる言葉となっている。日本の祭りは伝統文化として重要であり,神社神道では今でも祭りを中心にしているほどだが,世界の宗教文化史上にも注目すべき社会現象である。日本語のマツリは,マツル,マツラフという動詞で上位の者に奉仕する意味の語の名詞形とみられる。語源的にはマツとマチは同根で,見えないものが見える場所,接触しうる場へ来るのを歓待する意味をもつ。…

※「祭祀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android