安藤姑洗子(読み)あんどう こせんし

美術人名辞典の解説

安藤姑洗子

俳人。茨城県生。本名卯之助、のち俊雄。旧号鴎洲、別号枕翠芦。警察学校卒業後警察庁警部となるが一年余にして退職。臼田亜浪の「石楠」創刊に参加。長谷川零余子の「枯野」に入る。零余子歿後同誌を『ぬかご』と改題して主宰。昭和34年病で山瀬鑑水に委ね昭和40年に隠退、顧問となるまで主宰した。句集『草林』『露滴』がある。昭和42年(1967)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android