コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石楠 しゃくなげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石楠
しゃくなげ

俳句雑誌。 1915年3月~51年 12月,52年 11月~56年1月。「せきなん」ともいう。主宰者は臼田亜浪。初め大須賀乙字も協力したが,18年に俳句観の相違から袂を分った。 17音の一句一句に自由な自然観を盛ることを求め,俳句道即人間道の理念を掲げた。主要な同人に福島小蕾,林原耒井大野林火篠原梵,八木絵馬,西垣修らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃくなげ【石楠】

俳句雑誌。大正4年(1915)、大須賀乙字の支援を得て臼田亜浪が創刊・主宰。臼田の死後、原田種茅の主宰により読みを「せきなん」と改めて昭和27年(1952)復刊。昭和31年(1956)廃刊。

せきなん【石楠】

しゃくなげ(石楠)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

石楠 (トネリコ)

学名:Fraxinus japonica
植物。モクセイ科の落葉高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

石楠の関連キーワード飛鳥田 孋無公岩谷 山梔子甲田 鐘一路山田 麗眺子島田 九万字金尾 梅の門川島 彷徨子安藤 姑洗子島田九万字宮川 翠雨臼田 亜浪高橋蒼々子安藤姑洗子高木 蒼梧林原 耕三原田 種茅栗生 純夫安藤 甦浪佐野 良太富田 木歩

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石楠の関連情報