コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達三郎左衛門 あだち さぶろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達三郎左衛門 あだち-さぶろうざえもん

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ立役(たちやく)として大坂で活動し,宝永(1704-11)のころ京都にうつり親仁方(おやじがた)などをつとめる。宝永2年から享保(きょうほう)4年にかけて作者としても活躍した。代表作に「助六心中紙子姿(かみこすがた)」「けいせい雄床山(おとこやま)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安達三郎左衛門の関連キーワード歌舞伎

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android