宍道湖自然館ゴビウス

デジタル大辞泉プラスの解説

宍道湖自然館ゴビウス

島根県出雲市にある水族館。ラムサール条約登録湿地の宍道湖付近にあり、汽水湖とそこに暮らす生物をテーマとしている。一般公募により決定した愛称の「ゴビウス」はハゼなどの小魚を意味するラテン語

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しんじこ‐しぜんかんゴビウス〔しんぢコシゼンクワン‐〕【宍道湖自然館ゴビウス】

島根県出雲市にある、県立の水族館。平成13年(2001)開館。島根県内の川や湖に生息する生物を中心に展示する。
[補説]「ゴビウス」はラテン語で、ハゼなどの小さな魚の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宍道湖自然館ゴビウスの関連情報