宗規(読み)しゅうき

精選版 日本国語大辞典「宗規」の解説

しゅう‐き【宗規】

〘名〙 宗教上の規則。また、各宗派のきまり。
※内務省達‐明治一一年(1878)二月二日「僧侶肉食妻帯等可勝手公布の儀は〈略〉宗規に関係無之訳に候条」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宗規の言及

【家訓】より

…【鶴岡 実枝子】
【中国】
 前近代の中国では古くから家訓が知られ,通常,家族や宗族の生活全般を律し,家門の永続を願って家長あるいは宗族の総意により作成された規範を指す。家範,家規,家言,垂訓等ともいわれ,族約,族規,宗規等も広義の意味でこれに含まれる。内容は単なる人生訓・処世訓の枠を超え,家礼,土地経営,学問,交際等多岐にわたり,違反者に対する制裁規定を伴うものも少なくない。…

※「宗規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android