宗養(読み)そうよう

大辞林 第三版の解説

そうよう【宗養】

1526~1563) 室町後期の連歌師。別号、無為・半松斎。宗牧の子。優美な有心うしん連歌を詠んだ。著「連歌秘袖抄」「宗養三巻集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗養
そうよう

[生]大永6(1526)
[没]永禄6(1563).11.18.
室町時代の連歌作者。宗牧の子。別号,半松斎。 20歳頃父に死別後,昌休らに助けられ,若くして連歌作者として名があった。主著『連歌秘袖抄』 (1555) ,『天水抄』 (61?,昌休と共著) ,『三巻抄』『明鏡秘集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の宗養の言及

【宗牧】より

…近衛家に出入りし,朝倉氏や今川氏ら戦国大名と交わった。晩年,息宗養(そうよう)を伴い関東に下向し《東国紀行》を著したが,途中下野国佐野で客死した。享年80歳とする説があるが疑わしい。…

※「宗養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android