コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗養 そうよう

大辞林 第三版の解説

そうよう【宗養】

1526~1563) 室町後期の連歌師。別号、無為・半松斎。宗牧の子。優美な有心うしん連歌を詠んだ。著「連歌秘袖抄」「宗養三巻集」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗養
そうよう

[生]大永6(1526)
[没]永禄6(1563).11.18.
室町時代の連歌作者。宗牧の子。別号,半松斎。 20歳頃父に死別後,昌休らに助けられ,若くして連歌作者として名があった。主著『連歌秘袖抄』 (1555) ,『天水抄』 (61?,昌休と共著) ,『三巻抄』『明鏡秘集』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の宗養の言及

【宗牧】より

…近衛家に出入りし,朝倉氏や今川氏ら戦国大名と交わった。晩年,息宗養(そうよう)を伴い関東に下向し《東国紀行》を著したが,途中下野国佐野で客死した。享年80歳とする説があるが疑わしい。…

※「宗養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗養の関連キーワード水無瀬三吟百韻上野 隆誠松永永種瀬川昌佐室町時代里村紹巴松田拙斎三井高蔭戦国時代谷宗養林霊法谷宗牧珠存紹巴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android