コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天水抄 てんすいしょう

1件 の用語解説(天水抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんすいしょう【天水抄】

俳諧論書。貞徳著。1644年(正保1)成立。秘伝書で刊本は存在しない。連歌の刊本《天水抄》とは無関係。冊子本と巻子(かんす)本があるが,前者によれば,上巻は会の心得,連歌と俳諧の区別,俳諧の本質,式目,〈てには〉の口伝,下巻は前句付(まえくづけ),付け方,発句等の句の作法,切字(きれじ),懐紙の書き方等を雑話風に記す。貞徳の俳諧観や式目観を知るための絶好の資料である。【乾 裕幸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

天水抄の関連キーワードウルバヌス崇禎帝小西マンショウルバヌス崇禎帝正保スペイン音楽天王寺(東京都)変面清朝の満州語公文書

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone