コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天水抄 てんすいしょう

世界大百科事典 第2版の解説

てんすいしょう【天水抄】

俳諧論書。貞徳著。1644年(正保1)成立。秘伝書で刊本は存在しない。連歌の刊本《天水抄》とは無関係。冊子本と巻子(かんす)本があるが,前者によれば,上巻は会の心得,連歌と俳諧の区別,俳諧の本質,式目,〈てには〉の口伝,下巻は前句付(まえくづけ),付け方,発句等の句の作法,切字(きれじ),懐紙の書き方等を雑話風に記す。貞徳の俳諧観や式目観を知るための絶好の資料である。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

天水抄の関連キーワード水無瀬三吟百韻誹諧初学抄鶏冠井令徳松永貞徳富永燕石谷宗養久流留令徳宗養