コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷宗養 たに そうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷宗養 たに-そうよう

1526-1563 戦国時代の連歌師。
大永(たいえい)6年生まれ。谷宗牧の子。父にまなび,「東国紀行」の旅に同行するが,天文(てんぶん)14年下野(しもつけ)(栃木県)佐野で父と死別。近衛稙家(たねいえ)の庇護のもと,三条西公条(きんえだ)や三好長慶(ながよし)らと親交をもち連歌界で活躍した。永禄6年11月18日死去。38歳。別号に無為,半松斎。著作に里村昌休との共著「連歌天水抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

谷宗養

没年:永禄6.11.18(1563.12.3)
生年:大永6(1526)
戦国時代の連歌師。無為,半松斎とも号す。連歌界の実力者である谷宗牧の子で,天文11(1542)年には連歌論の『当風連歌秘事』を父から与えられており,後継者たるべく育てられた。宗牧が死に臨んで古今伝授の相伝文書が入った箱に辞世歌を添え,近衛稙家に宗養の庇護を頼んだことは有名である。宗牧時代からの有力連歌師寿慶,里村昌休が没した天文20年代(1551~55)には連歌界の第一人者となり,近衛稙家,三条西公条,三好長慶らと交際するも早世した。著書に昌休と共著の『連歌天水抄』などがあるが,宗養独自の連歌論と呼べるものはほとんどない。<参考文献>木藤才蔵『連歌史論考』下

(伊藤伸江)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

谷宗養の関連キーワード里村紹巴瀬川昌佐木藤才蔵松永永種

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android