コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村紹巴 さとむら じょうは

美術人名辞典の解説

里村紹巴

室町後期・安土桃山時代連歌師。奈良生。姓は松村、号に宝珠庵・臨江斎等。和歌・古典を三条西公条に、連歌里村昌休に学び里村を名のる。連歌界の第一人者として三好長慶細川幽斎明智光秀豊臣秀吉ら多くの人々と交渉があった。門下に松永貞徳がいる。『連歌至宝抄』等の編著がある。慶長7年(1602)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さとむら‐じょうは〔‐ゼウハ〕【里村紹巴】

[1525ころ~1602]室町末期の連歌師。大和の人。本姓松井氏か。号、宝珠庵・臨江斎。周桂・里村昌休に師事し、連歌の第一人者となった。織田信長豊臣秀吉らとも交渉があり、明智光秀の「愛宕(あたご)百韻」に参加。著「連歌至宝抄」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

里村紹巴【さとむらじょうは】

紹巴

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村紹巴 さとむら-じょうは

1525-1602 戦国-織豊時代の連歌師。
大永(たいえい)5年生まれ。里村北家の祖。里村昌休(しょうきゅう)らにまなび,連歌界の中心人物となった。昌休の没後,遺児昌叱(しょうしつ)を養育。豊臣秀吉,明智光秀ら武将や公家,高僧と交流し,のち豊臣秀次の事件に連座する。法眼。慶長7年4月12日死去。78歳。大和(奈良県)出身。本姓は松井。号は臨江斎,半醒子。著作に「連歌至宝抄」「源氏物語抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

里村紹巴

没年:慶長7.4.12(1602.6.2)
生年:大永5(1525)
安土桃山時代の連歌師。号,臨江斎。奈良興福寺一乗院の小者松井昌祐の子と伝えられる。里村姓は師里村昌休の姓による。連歌を周桂,昌休に,和歌,古典を三条西公条に学んだ。永禄7(1564)年谷宗養が没して連歌界の第一人者となり,近衛稙家,三好長慶,細川幽斎らと交友を深める一方,明智光秀や豊臣秀吉の信任を得た。光秀との『愛宕百韻』,秀吉毛利攻めの戦勝祈願『羽柴千句』などが有名。文禄4(1595)年,豊臣秀次の事件に連座,のちに許されたが失意のうちに没した。剛直にして細心,したたかに乱世を生き抜いた人物で,弟子の松永貞徳は「正直正路」「力も心も大剛の人」と評し,辻切りの刀を奪い取って織田信長にほめられた逸話を記している。連歌論に『至宝抄』『連歌教訓』,紀行に『紹巴富士見道記』などがあり,一座した連歌はすこぶる多い。<参考文献>小高敏郎『ある連歌師の生涯』,奥田勲『連歌師―その行動と文学』

(沢井耐三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

防府市歴史用語集の解説

里村紹巴

 戦国時代にもっとも優れていたと言われている連歌[れんが]師です。多くの公家や大名と交流がありました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

さとむらじょうは【里村紹巴】

1525頃~1602) 室町末期・安土桃山時代の連歌師。奈良の人。本姓は松井氏か。別号、臨江斎・半醒子。里村昌休に学ぶ。昌休没後、当時の連歌界の第一人者となる。著「連歌至宝抄」「匠材集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里村紹巴
さとむらじょうは

[生]大永4(1524).奈良
[没]慶長7(1602).4.12. 奈良
安土桃山時代の連歌作者。奈良一乗院の御小者松井昌祐の子。周桂,昌休に師事。本姓は松村氏。昌休より家を譲られて里村を姓とした。その後は独力で修練。精力的な精進と,生来の豪胆磊落 (らいらく) なふてぶてしさと,包容力のある親分肌の性格とで,安土桃山時代の連歌壇の大立て者となった。天正 10 (1582) 年明智光秀の反逆に先立ち光秀と連歌に一座して豊臣秀吉の吟味を受け,秀次の事件にも嫌疑を受け一時三井寺に蟄居を命じられた。古典注釈書『二十巻抄』『百人一首紹巴抄』,連歌作法書『出葉 (てには) 口伝抄』 (91) ,『連歌至宝抄』 (1627) ,式目去嫌書『式目秘抄』 (1587) ,歌詞注釈書『匠材集』 (1626) などの編著がある。 (→里村家 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里村紹巴
さとむらじょうは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の里村紹巴の言及

【紹巴】より

…室町・安土桃山時代の連歌師。本姓松井氏。臨江斎と号す。のちに里村北家の祖とされる。奈良の生れ。出自には不明な点も多い。周桂,昌休に師事し,連歌界第一の宗匠として活躍し,多くの百韻,千句をのこした。連歌論書に《連歌至宝抄》がある。また,三条西公条(きんえだ)らに二条派の歌学を学び,《源氏二十巻抄》《百人一首紹巴抄》《狭衣下紐(さごろもしたひも)》などの注釈書を著している。【小高 道子】…

※「里村紹巴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里村紹巴の関連キーワード伊藤仁斎宅〈古義堂〉跡ならびに書庫新撰狂歌集猪苗代兼如木山紹宅海北友松松永永種里村玄仲灰屋紹由木喰応其大村由己島津家久里村昌琢木食応其里村昌叱伊藤仁斎浅井草春里村玄仍あたご戴恩記愛宕

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android