コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗牧 そう ぼく

美術人名辞典の解説

宗牧

室町時代の連歌師。堺の人。姓は谷、号は孤竹斎。六角堂専順の門に学び、松永貞徳の師となる。宗養の父。また徹書記流の書をよくする。天文14年(1545)歿、享年未詳。

宗牧

連歌師。谷氏。堺の人。号は孤竹斎。宗祇門人、松永貞徳の師。和歌も能くし、集外歌仙の一人でもあった。天文15年(1546)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうぼく【宗牧】

?‐1545(天文14)
戦国時代の連歌師。姓は谷,別号は孤竹斎(こちくさい)。出生は越前ともいうが不詳。宗長(そうちよう),宗碩(そうせき)に師事,1536年(天文5)ごろ北野連歌会所宗匠となる。近衛家に出入りし,朝倉氏や今川氏ら戦国大名と交わった。晩年,息宗養(そうよう)を伴い関東に下向し《東国紀行》を著したが,途中下野国佐野で客死した。享年80歳とする説があるが疑わしい。《矢島小林庵百韻》や句集《孤竹》,連歌論書《胸中抄》のほか宗祇(そうぎ)や宗長らの連歌作品の注釈書を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗牧
そうぼく

[生]?
[没]天文14(1545).9.22. 佐野
室町時代の連歌作者。谷氏。別号,孤竹斎,半隠軒。宗祇亡きあとの連歌界で,宗碩とともに活躍。三好長慶や北条氏康らの武将の厚遇を受け,各地に旅行し,連歌の普及に努めた。著書『当風連歌秘事』 (1542) ,『東国紀行』 (44~45) ,『胸中抄』『闇夜一灯』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宗牧の関連キーワード湯山三吟百韻観音寺城跡悦渓宗悟大林宗套一宗紹麟室町時代鵜殿長持里村昌休建部氏谷宗養周桂日坂珠存昌休

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android