宗牧(読み)そうぼく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宗牧」の解説

宗牧
そうぼく

[生]?
[]天文14(1545).9.22. 佐野
室町時代の連歌作者。谷氏。別号,孤竹斎,半隠軒。宗祇亡きあとの連歌界で,宗碩とともに活躍。三好長慶や北条氏康らの武将厚遇を受け,各地に旅行し,連歌の普及に努めた。著書『当風連歌秘事』 (1542) ,『東国紀行』 (44~45) ,『胸中抄』『闇夜一灯』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「宗牧」の解説

そうぼく【宗牧】

?‐1545(天文14)
戦国時代の連歌師は谷,別号は孤竹斎(こちくさい)。出生越前ともいうが不詳。宗長そうちよう),宗碩そうせき)に師事,1536年(天文5)ごろ北野連歌会所宗匠となる。近衛家に出入りし,朝倉氏や今川氏ら戦国大名と交わった。晩年,息宗養(そうよう)を伴い関東に下向し《東国紀行》を著したが,途中下野国佐野で客死した。享年80歳とする説があるが疑わしい。《矢島小林庵百韻》や句集《孤竹》,連歌論書《胸中抄》のほか宗祇(そうぎ)や宗長らの連歌作品の注釈書を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android